さまざまな障害-糖尿病-

こんばんは。共同執筆者のKyoです。
新年あけましておめでとうございます。今年もたくさん記事を書きます!どうぞよろしくお願いします。

さて、私が執筆しております「さまざまな障害」シリーズでは、切断や義足と関連がある疾患および障害について語っています。第一回目では脊髄損傷について語りました。

切断者を見たとき「あの人事故で足を失ったのかな」と想像する人は多いと思いますが、交通事故や労働災害などの外傷と同じくらい・・・近年ではそれ以上、糖尿病で足を切断する人が増えています。

国民病ともいわれている糖尿病。
実際にどういう病気なのか、どういう障害をもつのか、みなさんご存知でしょうか?
第二回目となる今回は、糖尿病について語ります。


糖尿病とは、血糖値が高い状態が続く病気です。
糖尿病が恐れられるゆえんは、病気そのものというよりも、糖尿病によって引き起こされる数々の合併症にあります。
中でも3大合併症といわれているのが、神経障害、目の障害、腎臓の障害です。

糖尿病(特に2型)では生活習慣が主な発症要因とされています。乱れた食生活や運動不足によって高血糖症状が続き、自覚症状がないまま進行します。
高血糖によって血管や神経に異常をきたし、手足の感覚異常があらわれ、足潰瘍や足壊疽となり、ついには足を切断。糖尿病による下肢切断はこういった機序を辿るそうです。

一般社団法人予防医療普及協会から「糖尿病の不都合な真実」という動画がでています。動画には、糖尿病で両下肢切断をした方が出演しています。

ほかにも、厚生労働省からでている「糖尿病の治療を放置した働き盛りの今」という冊子では、当事者の方々の言葉が掲載されています。どちらも見応えがあるので、理解を深めたい方におすすめです。


「今は若いし大丈夫、忙しいから負担をかけないように休んで運動もせず、好きな食べ物を好きなだけ食べて、好きなことをして人生謳歌して、死ぬときはピンピンコロリで・・・」そんな風に思っている人は多いと思います。
糖尿病はそんな生温い病気ではありません。じわじわと人の身体を蝕んでいきます。すぐにどうこうなる病気ではないからこそ、多くの人は危機感を抱かず軽視してしまうのだと思います。
目が見えなくなっても、足を切断しても、週3回の人工透析でも・・・さまざまな障害を抱えながらも、生きていかねばなりません。

これは障害をもつ当事者だけの負担ではなく、国の負担に繋がっていることも事実です。
糖尿病の医療費が多い国の順位では、日本は5位の2.6兆円とのこと。(※2019年時点)
糖尿病で足を切断して義足を作っても、うまく歩けず結局介護が必要で・・・そんな事例はごまんとあります。医療費も介護費も人的負担も、膨れ上がるばかりです。

糖尿病は治るものではなく、一生付き合っていくものです。早めの生活習慣の見直しや治療で、病気をコントロールすることができます。
どうか1人でも多くの人が、障害を抱えずに生きられますように。障害を抱えたとしても、人間らしく生きられますように。

心身健康、無病息災。今年も皆さまが健康で過ごせるよう願っています。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次