両大腿切断者に聞いてみた①

みなさんこんにちは。
義足ウォーカーに足を運んでくださりありがとうございます。(足がない人はごめんなさい。冗談です。)

サイトリニューアルに伴い、ブログでも新しい企画を始めます。
題して「両大腿切断者に聞いてみた」!
僕が普段からよく聞かれることやお寄せいただいた質問を、一問一答形式で答えていきます。義足ユーザーあるあるな話から、両大腿切断かつ短断端の僕目線でしか語れない話など、さまざまな質問に回答していきます。

今回は義足編です。
義足を知らない人でも分かり易く回答していきます。ぜひ覗いていってみてください。

義足は痛くないの?

義足が身体に合っていないと痛いです。

どうやって歩いているの?

義足に乗って体重をかけて、地面からの反発で前に進みます。動力は自分です。

義足は重くないの?

手で持つととても重いですが、履いてしまえば重さは感じません。

どうやって履いているの?

シリコンライナーという靴下みたいものを足(断端)に履き、ライナーについている金属のピンをソケットという殻に差し込んで体重をかけます。
ライナーを履く動画はこちら
これはあくまで僕の場合で、ピンやシリコンライナーを使わない人もいますよ。

どれくらい歩けるの?

季節やその日の体調にもよります。休憩を挟みながら最長2kmくらいでしょうか。

普段義足を履いているの?

歩きたい時だけ履いています。

義足は高いの?

ピンキリです。僕の義足は高価です。なぜなら右膝の部品がコンピュータ制御膝継手だからです。
この膝だけで新車が一台買えます。

義足は疲れないの?

僕は両大腿義足ユーザーの中でも残っている足が短いので、とても疲れます。でも訓練次第で慣れてくるのと、持久力もある程度はつきます。

義足は壊れないの?

壊れます。力がかかる部分や弱い部品は特に壊れやすいです。僕の義足は、一度だけ左の継手部分が折れたことがあります。

義足は最先端の技術で作られているの?

それは義足の部位によりますね。チューブなど基本的に昔から何も変わっていないものもあれば、膝継手や足部など進化しているものもあります。

義足は日本製?

たとえば日本人の義肢装具士がソケットを作れば、これは手製でまさしく日本製です。
それ以外の義足の構成部品は、日本製のものもあれば外国製のものもあります。

義足はどれくらいの頻度でメンテナンスするの?

義足が合わなくなった時、または壊れた時にメンテナンスをしてもらいます。
僕の場合は一年に一回くらいかなぁ。あとは、C-Leg(膝継手)の保証期間内に無償メンテナンスを受けることができます。

自分で義足を調整できるの?

最近、少しずつ調整をしています。アライメント(義足の部品の角度)の調整について勉強中です。

なぜ膝継手は両足で揃えないの?両足とも同じ膝にしないの?

それは残っている足の長さが左右で違うからです。左足が短すぎて、右と同じ膝が使えないのです。

両足が義足の場合、どうやって身長を決めるの?もっと身長高くしないの?

両足が義足だからといって、好きな身長には設定できません。
床から自分で立ち上がれなければ、転んだ時に起き上がれなくなります。よって、それに見合った義足長になります。

スタビー(短義足)はどんな感じ?

あれは長い間履き続けるものではありません。スタビーは義足で歩くコツを習得するものだと認識しているので、生活に取り入れることはないです。僕はスタビーだと足を前に出しづらいので歩きにくいです。

フリーハンド(杖なし)で歩けるの?

平地では歩けます。左のソケットの適合次第です。

義足で歩くのは怖くないの?

転ぶんじゃないかという怖さは常にあります。怖くない歩き方もできますが、綺麗な歩き方にはなりません。

義足で歩くには筋力が必要なの?

ある程度の筋力は必要。主に体幹だと感じます。ただしマッチョである必要はなく、むしろマッチョな筋肉は義足歩行において邪魔になると思います。理想は痩せているボクサー体型です。

坂道はいけるの?

勾配によりますが歩けますよ。 上りはパワーで いけますが下りはどうしても怖いですね。

階段はいけるの?

手すりがついていることが条件ですが、坂よりも階段の方が楽なんです。ただしかなり高い段差は厳しいです。

どこら辺を歩いているの?家はどのへん?

えっ?(笑)

どうして義足で歩くの?

それは自分の尊厳を取り戻すためです。

義足でどこを歩きたい?

最近は夜の新宿駅や渋谷のスクランブル交差点を歩きたいなぁ。義足でナイトウォーカーしたい!

綺麗に歩くコツは?

平地を歩くときは義足を持ちあげたり振ったりしない…してはダメ。
前に出した足に乗るときは、内股を閉じる。これが基本。
そして、つま先まで粘ってリリースする。すると膝が勝手に曲がって伸びてきます。このとき足が地面に擦るのを怖がって、骨盤を挙上して義足を持ち上げないことなど…コツはいっぱいあります。

…もっと語りたいので、これは別の記事で取り上げます。

何歳まで義足で歩ける自信がある?

夢はでっかく、70歳まで!…うーん、でも実際は厳しいかもな。(笑)

義足は好き?

…好きか嫌いかと言われたら好きじゃないです。異物ということに変わりはないし、義足は万能じゃありませんから。

義足に携わる医療従事者に言いたいことは?

無知の知、「知らないということを知ること」からはじめてください。

他にも聞きたいことがあれば、いつでも質問をお待ちしております。
次回は身体編です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次