両足がなくても歩くには

切断した両足の残存部位が非常に短い(短断端)の場合、義足で歩くのは困難と言われています。
たとえ断端が長い場合でも、その人の体重や筋肉量、代謝、既往歴などが関わってきます。

私のような条件で義足歩行を獲得するためには、まず両大腿義足ユーザーに義足を製作した経験がある義肢装具士(PO)、両大腿切断のリハビリのノウハウを持っている理学療法士(PT)が提供する「義足リハビリ」、そして、リハビリを受ける本人の強くて固い意志がなければ、歩けるようにはなりません。

リハビリを行う環境も大事です。徹底して義足歩行のリハビリができる環境のなか、毎日相当厳しいリハビリと向き合い、継続する必要があります。この継続がとても難しく、私は心が折れそうになったことが何度もありました。精神面については、別の記事で触れたいと思います。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次